魅力がたくさん!気軽に行きたい沖縄旅行の観光情報特集!

- 海の生物と出会う

海の生物と出会う

沖縄の一番の魅力と言っていい「海」ですが、ただ外から眺めるだけでなく楽しめる方法があります。それが「海の生物」と触れ合うことです。沖縄ではさまざまな動物に、さまざまな方法で触れ合うことができます。

ダイビングで海のいきものに出会う

水に入って、ある程度泳ぐことができれば、ダイビングはオススメです。ダイビングをしたことがない人も、インストラクター付きの体験プログラムで、水深5mくらいのところまでは潜れます。そこまで深く潜らなくても、かなり多くの生き物に出会うことができます。

魚群に出会う感動よりも、ウニなど「普段あまり生きている姿を見られない動物」に出会う感動の方が大きいと思います。インストラクターの方は、生物に関しての知識も豊富で、手持ちのホワイトボードでその生き物の名前や特徴を丁寧に教えてくれるので、触っても大丈夫な動物にはぜひ触れてみましょう。

ホテルにはイルカと触れ合えるプログラムも

ホテルによっては、所有のビーチでイルカと触れ合えるプログラムをやっているところもあります。イルカは非常に賢い動物なので、素人が合図を出しても、言うことをちゃんと聞いてくれます。心が通じ合っているような気分になり、イルカとの友情のようなものを感じることができるでしょう。また、実際に肌に触れることもできます。よく「水にぬれた茄子のような手触り」と表現されますが、かなりそれに近いものがあります。つるつるの肌に触れられるのも、貴重な体験といえます。近くで泳いでいるのを見ることもでき、水族館で見るものとは別格のスピードに、圧倒されることでしょう。

また、エイにえさをあげるプログラムも用意されています。同じくホテルのビーチで飼われているエイは、えさである魚をあげると、群がるように寄ってきます。大勢で水面に群がってえさを食べる姿は、非常に愛らしいものがありますよ。彼らに共通していえるのは「うまく飼いならされている」ということで、人間が喜ぶような素振りをサービス精神旺盛に見せてくれるので、ぜひ体験してみて欲しいプログラムのひとつです。

水族館には、めったに会えない動物も

沖縄に行ったら、ぜひ「美ら海水族館」には訪れて欲しいと思います。巨大なジンベエザエや、毒が強く危険すぎるので海の中では案内できないであろうアンボイナイモガイなどに出会うことができます。肌で触れるのであれば、上記のような体験プログラムがオススメですが、やはり「見る」ということに特化すれば水族館ほど最適な場所はありません。

関連記事: