魅力がたくさん!気軽に行きたい沖縄旅行の観光情報特集!

- 歴史を学ぶ

歴史を学ぶ

沖縄旅行に行くからには「その歴史」をしっかりと学びたいという方も多いかと思います。
テレビの影響などで沖縄 観光スポットに興味を持ったという方もまた多くなったようです。
それを機会に文化や歴史にふれるのもまた良いことですよね。

では、そんな歴史や文化を知るスポットについていくつかあげていきたいと思います。
先ずは「ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館」です。
沖縄戦で亡くなった沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高校女学校の生徒や教員の鎮魂のために立てられた慰霊碑です。
資料館も併設されており、生存者により手記なども見ることが出来るようになっています。
次に「旧海軍司令部壕」です。
日本海軍の沖縄方面根拠地帯司令部の拠点となっていた陣地壕です。
資料館が壕の入り口にありますので、そちらで当時の写真や遺品などを見ることが出来る資料館もあります。
「沖縄平和祈念堂」
沖縄県民・全国民の平和祈願と戦没者追悼の象徴として立てられた施設です。
美術館や国内最大の蝶々といわれているオオゴマダラを飼育している清ら蝶園なども併設されています。
「今帰仁城跡」
山々に囲まれた山城跡です。
複雑に連なっている城壁などが当時の面影を残しており、城跡の入り口付近には歴史文化センターがあります。
こちらで、城や村周辺で暮らしていた人々の歴史背景などについて触れることが出来るでしょう。
「福州園」
琉球文化に大きな影響を与えたといわれている中国の福州市と那覇市との国際友好年を記念し作られました。
洞爺紋などの建築物なども配置されている中国式の庭園です。
「座喜味城跡」
旧日本軍の高射砲陣地となっていた座喜味城跡。
城壁の上から今では、東シナ海の島々や那覇から本当半島までお天気に恵まれれば西海岸を一望できるようになっています。
沖縄最古といわれている石造アーチ門があるのもここになります。
このように歴史や文化を改めて知ってみるというのも良い機械かと思いますので、沖縄旅行のプランに入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事: