魅力がたくさん!気軽に行きたい沖縄旅行の観光情報特集!

- 沖縄のオススメの時期

沖縄のオススメの時期

沖縄に限らずですが、旅行には最適な時期があります。その観点としては、①その場所の旬を楽しめる時期か、②人が多すぎてかえって楽しめない時期になっていないか、が重要です。ここでは、沖縄に訪れるのに最もいい時期を考えてみたいと思います。

沖縄の旬は間違いなく「夏」

多くの方が同意されるとは思いますが、南国である沖縄を最も楽しめる時期は「夏」です。1年中比較的温暖な気候ですので、いつ訪れても過ごしやすいことは間違いないのですが、最低限海開きをしている春以降を選ぶ方がよさそうです。海水浴ができるのとできないのとでは、過ごし方は大きく変わってきてしまいます。

また、なるべく温暖な時期を選びたいところですし、なにより梅雨の時期には当たりたくないものです。梅雨が過ぎ去った6月の下旬ころから、沖縄を充分に楽しめる時期に突入するといえるでしょう。

夏休みに入ると、不便が出てくる可能性も

ただし、最も過ごしやすい時期というのは、イコール「誰もが訪れたい時期」です。さらに南国という性格上、サラリーマンの多くがまとまった休みを取れる「夏休み」は、非常に混み合います。

結果として、飛行機もホテルも割高なのに、存分に満喫できないまま帰ってきてしまう、といったことも考えられます。特に学生さんや、夏休みの取得時期が比較的自由なサラリーマンの方は、梅雨明け直後や、9月に入ってからの時期を狙うことがオススメです。

台風にだけ気をつければ、観光地を巡るチャンスはたくさん

夏休み時期を候補から外すことで、時間とお金の節約ができ、それに付随して多くの観光地を巡るチャンスが増えます。特に車を運転して行く本島北部は、渋滞と施設の混雑によって、閑散期と繁忙期に行ったのでは、半日以上の差が出ることもあります。大人気の美ら海水族館などが、時期の影響を最も受けやすいスポットといえるでしょう。

正直、運の要素もあるのですが、台風には注意が必要です。雨風の影響で、望んでいた場所に行けなかったり、時には車の運転すら危ういような強風が吹くことも有ります。最悪の事態を考えると、飛行機が飛ばず「帰れない」ということもありえます。

台風に備えたある程度の準備は必要かもしれません。旅行予定日の1日後は念のため予定をあけておいたり、荒天でもできる娯楽(特に食は天候の影響を受けづらいですね)を考えておいたりが必要です。特に夜いきなり「飛行機が飛ばない」となったときに備えて、前の日に泊まった宿や、空港付近の宿の空き状況は、常に把握しておいた方がよいでしょう。

関連記事: