魅力がたくさん!気軽に行きたい沖縄旅行の観光情報特集!

- 沖縄旅行の拠点はどこに

沖縄旅行の拠点はどこに

沖縄本島を旅行するときに悩むのが、宿泊先=旅行の拠点をどこにすればいいか、ということがあります。都会に住んでいるとあまり味わえない体験がたくさんあるので、効率的に各地を回るための拠点は非常に重要です。

島全体を楽しみたいなら「那覇」を拠点に

沖縄は、普段から海に触れていない人にとっては、魅力に溢れています。車上から楽しむ海、崖の上から楽しむ海、ダイビングで中から楽しむ海、水族館で生物を見て楽しむ整備された海、そして新鮮な海産物を食べることで楽しむ海、「海」の魅力だけに限っても、なかなか一度の旅行で満喫し切るのは難しいといえます。

空港に近く、商業が最も発展している那覇を拠点にすることで、効率的に本島全体を楽しむことができるでしょう。具体的に説明すると、南部で海に入らず首里城などの歴史や琉球ガラスに触れる日、北西部で美ら海水族館を楽しんだ後に古宇利大橋などの海の絶景スポットを巡る日、中部の恩納村などでダイビングやシュノーケリングを体験する日、などです。

地域によって最も盛んな文化が違うので、それにフィットした楽しみ方ができるのが理想なのですが、そのためには事前のリサーチが欠かせません。また、スケジュールの持っていき方も重要で、最終日に北部へ遠征していると、渋滞や気象の影響で、下手をすると飛行機を逃すこともありえます。最終日は、余裕を持って那覇で食事を楽しみつつ、お土産を探すといった過ごし方をした方がよさそうです。

海の資源を満喫したいなら「恩納村」へ

恩納村は、私が把握している限り、沖縄本島で最もダイビングやシュノーケリングが盛んです。海に潜るのが苦でなく、また海に触れることを第一の目的とされている方は、恩納村を旅行の拠点にすることがオススメです。

リーズナブルに楽しむなら、体験プログラムがオススメです。初心者の方や、潜水に苦手意識のある方、遠くや深くに行くことにそこまで価値を感じていない方には、充分に楽しめるはずです。海の中を見るというのは、本州の海ではなかなかできない経験で、もし海中にさらに興味が湧くようであれば、より高度なプログラムに挑戦するとよいでしょう。

恩納村は、車でないと飲食店にも行けず、ATMもそこまでないので、那覇市に比べると商業が活発ではないのですが、その分リゾートホテルで一日過ごせるような工夫に溢れています。海で取れた資源を使ったお土産や、海の動物と触れ合う体験など、沖縄ならではの体験をさせてくれるホテルが多いのでぜひ利用してみるとよいでしょう。

関連記事: