魅力がたくさん!気軽に行きたい沖縄旅行の観光情報特集!

- 沖縄の豊富なスイーツ

沖縄の豊富なスイーツ

沖縄は郷土料理が豊富なことでも知られていますが、料理だけでなく「スイーツ」もご当地ならではのオススメの品が多いのです。現地で食べられるもの、お土産としても使えるものの両方を紹介していきたいと思います。

「ここでしか食べられない」希少なものがたくさん

ブルーシールアイスは、沖縄発祥のアイスクリーム屋さんとして有名ですが、全国にもそこまで多くの店舗を持っていません。ほとんどの人にとっては、沖縄に訪れたときがブルーシールのアイスを食べる貴重なチャンスになります。元々アメリカンな味だったのを、沖縄という温暖な気候に合わせたアイスは、南国で食べるにふさわしい爽やかな味。フレーバーのバリエーションも豊富で、沖縄の名産の食材を使った味から、アメリカンでパステルな色を使った珍しい味など、わざわざ食べるにふさわしい商品がそろっています。

新鮮なフルーツを食べたいなら、「OKINAWAフルーツらんど」へ。トロピカルな庭園で、フルーツの見学をしたのち、おいしいフルーツをいただくことができます。マンゴーやドラゴンフルーツといった、都会ではあまり食べられなかったり、本当においしいものに出会えなかったりする食材も、ここでは新鮮なものを存分に楽しむことができます。先ほどのブルーシールアイスとコラボした豪快なスイーツもありますので、大人数のときは挑戦してみてはいかがでしょうか。

「スイーツ」とは少しズレてしまうのですが、居酒屋で出る「紅芋の天ぷら」は絶品です。お酒に合わせるわけでもなく、ご飯のおかずにするわけでもないのですが、口寂しくなったときにつまむと、適度な甘みで舌をリセットしてくれます。居酒屋で出るアイスなどにつけて食べると、スイーツに早変わりもしますので、試してみてください。

お土産は沖縄ならではの焼き菓子がオススメ

沖縄の名産のお土産といえば「ちんすこう」が思い浮かぶと思います。適度な噛みごたえで、ほろっと崩れるちんすこうは、お茶菓子として重宝されます。最近では味付きのものも現れていますね。その中で最もオススメなのは「雪塩ちんすこう」です。塩スイーツが流行して久しいですが、歯ごたえと甘みに絶妙にマッチするほのかな塩味を、みんなで楽しめるといいですね。

ちんすこうほどの知名度はないにしても、双璧をなしているといっても過言ではないお土産、「紅芋タルト」もぜひ持って帰っていただきたいスイーツのひとつです。ちんすこうに比べると、単価では若干高くなりますので、より大切な人にプレゼントしたいですね。

関連記事: